歯周病が「認知症・糖尿病・心筋梗塞」の原因に!?今すぐ見直すべき歯のケアまとめ

 2021/03/10 美容
この記事は約 9 分で読めます。 56,412 Views

見た目年齢を大きく左右する『歯』は50代の2人に1人※が歯を失っています。
※構成労働省(平成28年 歯科疾患実態調査結果の概要 )
また、歯周病が原因で様々な病気に繋がることがわかってきました。
年齢を重ねても綺麗な歯を保つためにの悪影響の原因と正しいケアを
最新の研究データからまとめました。

大切な歯を守るために今から実践
していきましょう。

歯を失う第1位は『歯周病』

42%の人が歯周病が原因。
・歯周病(41.8%)
・むし歯(32.4%)
・その他(12.6%)
・破折(11.4%)
・矯正(1.2%)

(2005年全国抜歯原因調査結果より)

歯周病は「認知症・糖尿病・心筋梗塞」など様々な原因になることを指摘。

認知症の原因が明らかに 発症予防には歯周病対策を(2020年10月13日)
出典:https://www.youtube.com/watch?v=vfqR0FfAjzE

【HTBニュース】歯周病の危険 放置すると…
出典:https://www.youtube.com/watch?v=4sfKTNzJgH8

自覚症状がない『歯周病』

1つでもあると歯周病の可能性があります。

☑ 口臭がある
☑ 歯に食べ物が挟まりやすい
☑ 朝起きると口がネバネバする
☑ 歯茎から血が出る
☑ 歯石や歯垢が溜まっている。

一つでも当てはまった方は、要注意です!
当てはまらない方も綺麗な歯を保つために今から予防しましょう。

歯周病・虫歯対策の救世主!最近テレビや雑誌で話題の『クルクミン』が学会発表で注目された。

クルクミン
クルクミンは、ウコン由来成分でポリフェノールの一種に分類されます。
消化不良改善でもよく知られていますが、歯周病予防、抗炎症作用、抗酸化作用、美肌など様々な分野でも報告されています。

▼クルクミンは、歯周病の原因といわれる悪玉菌の『PG菌』を抑制

善玉菌をそのままに、悪玉菌だけを効果的に減らすため口内細菌バランスを良好に保ちます。

クルクミンを5ppm以上配合すると歯周病の原因菌Pg菌の増殖を抑制できる、ということが実験結果からわかっています。

クルクミンの歯周病予防への効果実験

人の唾液でコーティングしたプレートにS.gordoniiを接種し培養した後、クルクミンを30分間作用させ、Pg菌を添加、培養した実験。

クルクミン培養実験

口内フローラ(口の中の細菌)という言葉をよく聞くようになりましたが、
虫歯になりにくい人は口内フローラのバランスが良いと言われています。

クルクミンは、歯周病の原因となる『PG菌の増殖を抑制』する効果があることが明らかになりました。

 

クルクミンは大学や研究機関でも効果を発表している。

・大阪大学歯科学部 歯学研究科研究発表会
参照:https://www.dent.osaka-u.ac.jp/student/attached/0000028723.pdf

・日本歯周病学会会誌
参照:https://www.jstage.jst.go.jp/article/perio/57/2/57_70/_html/-char/ja

・いずい歯科クリニック 泉井 秀介 先生の独自取材記事
参照:https://doctorsfile.jp/h/190230/df/1/

・マガジン「からだにいいこと」
参照:https://media.karakoto.com/health/m412i

・国立保健医療科学院
参照:https://rctportal.niph.go.jp/s/detail/um?trial_id=UMIN000018867

クルクミンについて調べると様々な機関で効果を発表していました。

 

話題成分『クルクミン』が配合された歯磨き粉は?

クルクミンという成分が歯に良い事は最近取り上げられたばかりで種類が少ないですが、
衛生商品を数多く開発しているSARAYAかクルクミンが配合された商品が発売されました。

販売名:クルクリンデンタルペースト(g)

【成分】 湿潤剤:ソルビット液、濃グリセリン、プロピレングリコール、ウコンエキス/清掃剤:重質炭酸カルシウム /粘結剤:カルボキシメチルセルロースナトリウム、無水ケイ酸/可溶化剤:ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油/pH調整剤:クエン酸Na、無水クエン酸/香味剤:香料(ジンジャーミント)/薬用成分:モノフルオロリン酸ナトリウム、グリチルリチン酸ジカリウム/発泡剤:ラウロイルメチルタウリンナトリウム/清涼剤:l-メントール/矯味剤:塩化ナトリウム/甘味剤:キシリット/防腐剤:パラベン

【効能・効果】
・歯周炎(歯槽膿漏)の予防
・歯肉炎の予防
・むし歯を防ぐ
・口臭の防止
・歯を白くする
・口中を浄化する
・口中を爽快にする
引用:SARAYA公式サイト(https://family.saraya.com/products/curculin/paste.html)

【 販売場所 】
・ドラッグストア

 

 

 

出典:https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R25ONUCYUIHCU2/ref=cm_cr_getr_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=B08HJH1YBM

出典:https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R1PKZXTK6LTCCV/ref=cm_cr_arp_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=B08HJH1YBM

出典:https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R25VX5KG9YCQRQ/ref=cm_cr_arp_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=B08HJH1YBM

 

【 磨き方 】磨きすぎはNG!歯茎が下がり知覚過敏の原因に・・・。

歯が黄色いだけで見た目年齢が『5歳〜10歳』老けて見えると言われています。
だからといって強く磨きすぎると様々な悪影響が出てしまうので注意が必要です。

強く磨きすぎていませんか?

 

磨き過ぎで起こる3つの症状

・歯茎が後退し歯の根が露出して『知覚過敏』に
・歯茎に傷がつく、痛みが出る
・歯茎から出血する
強く磨きすぎると歯茎が下がり、
『知覚過敏』や『虫歯』の原因
となります。

正しい歯磨きは、毛先を歯の面に並行に当てて軽い力で小刻みに動かします。
間違えた歯磨きは、歯ブラシで歯を磨くと力が強すぎたり、刺繍ポケットに届かないなど歯周病、虫歯の原因にもなりかねません。

 

電動歯ブラシで解決!『音波』で徹底的に歯垢を優しく除去できる!

電動歯ブラシは様々なメーカーから販売されておりますが、
【 選ぶポイント 】は、軽く当てただけで歯垢を除去できる
⇒ 振動数:22000ストローク以上がベスト!

コスパが良く、【振動数が22000ストローク】に近い商品を比較

他社比較すると『機能・歯科医師推奨』コスパ 第1位はクルクリンhome

 

音波振動とイオン効果で、『ホワイトニング機能』を搭載した最新電動歯ブラシ

先程、歯磨き粉でおすすめした『クルクリンPGガード』ど同じメーカーのSARAYAから
2021年3月から発売されたクルクリンhomeを使ってみました。

>>クルクリンhome
価格7,150円(税込) 電池も付いていました。

最新の電動歯ブラシは、かなり細かい振動で
手で磨くのとは比べものにならない爽快感がありました!

 

 

((イオン効果 ✕ 音波振動))で軽く当てただけで歯が『つるつる』になります。

※スローで撮影しました。

・イオンのちからで歯垢を除去。
・ホワイトニング機能
・マッサージ機能
を搭載しており、磨きながら『ホワイトニング』出来るのも嬉しいポイント!

軽く当てただけで、虫歯・歯周病・口臭の原因となる「歯垢」を効率的に落とせたことを実感出来ました。
普通の歯ブラシと電動歯ブラシを比べると圧倒的に楽に磨けて、短時間で綺麗になります。

 

■クルクリン電動歯ブラシ
【販売場所】
・ドラッグストア

 

 

 

 

 

イオンの力で歯・歯茎のゴミが無くなれば
クルクミンの有効成分がより深く届く届きます。
だから、電動歯ブラシとセットで使うことがおすすめです!

 

最強の歯周病予防・健康な歯を楽してケア!


参照:https://shop.saraya.com/smile/item/42452/

 

出典:https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R11L12PV6TVHSI/ref=cm_cr_arp_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=B08HJH1YBM

軽く歯に当てただけで歯垢を綺麗に除去しながら、
クルクミン配合の歯磨き粉で【歯周病・虫歯・口臭】を予防できる最強の組み合わせです!
更に『ホワイトニング』まで出来てしまうので、コスパ最強です。

 

▼ 商品リンク ▼

■クルクリンPGガード
【 販売場所 】
・ドラッグストア

 

 

 

 

 

 

■クルクリン電動歯ブラシ
【 販売場所 】
・ドラッグストア

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※持ち運び用のポケットタイプもありました。
>>クルクリンPocket type

 

 

 

 

 

 

まとめ

50歳以上の2人に1人の割合(厚生労働省のデータ)で『歯』を失なっています。
また歯周病が様々な病気の原因になるとも色々なメディアでも指摘されています。
歯と健康を維持するためには、毎日のケアを見直す必要があります。
からだにプラス編集部で、徹底的に調べた結果、
★話題の歯周病予防の成分『クルクミン』が5mg以上配合された歯磨き粉
振動数22000ストローク以上の電動歯ブラシ
の組み合わせで歯のケアを行うことをおすすめします。

若々しい綺麗な自分の歯を守るためにも毎日のケアを大切にしていきましょう。

 

からだにプラス編集部
からだにプラスでは、美容と健康に関することを徹底的に調べて記事にしています。
今回取り上げたのは、毎日行っているケアの歯磨きについてです。
最近様々なメディアで話題になった成分がを調べた結果、
厚生労働省の統計データや医学文献から
50代で自分の歯が抜けてしまっている割合が50%を超えており、
自分の歯を守るベストにたどり着きました。
今後も若々しい健康的な体にとってプラスになる記事を更新していきます。